Fashion Accessory Boutique

壁面緑化をする時にはどんな植物を選べばよいのか?

初めての人でも育てやすい!

オフィスや一般家庭の壁面に、植物が植えられているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。これは壁面緑化といい、断熱効果で暑い時期・寒い時期を快適に過ごせる、省エネ効果が見込める等のメリットがあります。そんな壁面緑化を自分もしてみたいと考えた時に、どんな植物を育てたらよいか分からないと困っている人も多いようです。

まず、壁面緑化で最もポピュラーとされる植物に、多年草という種類があります。同じ株から数年間開花して実を落とし、又開花するというサイクルを繰り返す種類のことをいいます。植え替えの必要がないという手軽さから、壁面緑化が初めてという人でも育てやすいという特徴があります。ビューケラやセキショウ等といったものが、壁面緑化によく用いられます。

高い建物等にもおすすめです!

また、つる植物も壁面緑化においてポピュラーな種類の一つです。つる植物は、成長するにつれ上に向かって伸びていく特徴があります。そのため、高い建物でも成長につれ上部の階も自然にカバーできるため、ビルの壁面緑化の際等に重宝しているようです。特に壁面緑化では、つる植物の中でも根っこを吸盤のようにして成長していく種類のものが好まれます。壁面緑化においては、オオイタビ等の種類が用いられています。

しっかりとした幹が欲しい場合には!

その他、壁面緑化に使う植物にしっかりとした幹があるものを選びたいという人もいるかと思います。そんな時におすすめなのが、木本性植物になります。これは、幹が気のように成長するタイプの植物のことで、しっかりとした土台ができます。壁面緑化のシーンではロニセラニティダ等の種類が用いられることが多いです。

壁面緑化で使われる植物としてはカロライナジャスミンが人気です。カロライナジャスミンは春に綺麗な黄色の花を咲かせるために見た目が良く、丈夫な品種であることが人気の秘訣です。