Fashion Accessory Boutique

電子タバコの使い方は意外と簡単?一般的な使い方を解説!

通常のタバコとは勝手が違う電子タバコ

通常のタバコは、先端にライター等で火を付けて利用します。それに対して電子タバコは火を付けずに利用する点が違います。また、通常のタバコはシャグと呼ばれるタバコの葉っぱを燃やしますが、電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱してでてくる水蒸気を吸う点も違います。使い方も通常のタバコとはかなり違う部分も多いので、電子タバコに興味がある方はまずは使い方から学ぶことが大切です。

まずは、電子タバコの基本知識として、電子タバコはリキッド、バッテリー、アトマイザーの3つで構成されます。リキッドは液体で色々なフレーバーが用意されています。またバッテリーは充電式の物が多く、利用する前に充電をしておく必要があります。アトマイザーはリキッドを入れる部分で、その形状が変わると味や水蒸気量が変化します。

電子タバコの使い方と楽しみ方

使い方については充電されたバッテリーを本体に入れ、その後にアトマイザーの中にリキッドを入れて電源ボタンを押すだけです。電源を入れるとしばらくすると水蒸気が出てきます。水蒸気はまるでタバコのような白いタイプの商品もあり、通常のタバコを吸っているかのような体験をすることができる電子タバコもあります。また、通常のタバコは銘柄を変えることで味を変えて楽しめますが、電子タバコはリキッドを変えることで同様に楽しめます。通信販売等では電子タバコ用のリキッドが販売されていて、フレーバーも通常のタバコに似たものから、フルーツのような甘いフレーバーもあります。好みに合わせて、フレーバー選びをする楽しみもあるわけです。

ニコチンリキッドを日本で入手するには外国からの個人輸入が一般的な方法です。入手理由は個人での使用に限られる他、譲渡や販売はできません。